改正労働者派遣法が改めて臨時国会に法案提出されました。

春の通常国会で法案提出されながら、条文の記載ミスもあり審議すらされずに廃案となっておりました改正労働者派遣法が9月29日改めて法案提出されました。
法案の内容は、春の通常国会に提出された内容と同様で次の項目が改正内容になっているようです。


①特定労働者派遣事業の在り方について
②労働者派遣の期間制限の在り方等について
③派遣労働者の均衡待遇の確保・キャリアアップの推進の在り方について

施行期日:平成27年4月1日

以上の通り、大きな改正としてはまず「特定労働者派遣事業の廃止」と「労働者派遣期間制限の考え方の大幅変更」ということで、2回目の正直で今回は法案成立となるのでしょうか・・・

仮に、秋の臨時国会で成立となると施行期日まで半年を切るものになりますので、派遣の現場が混乱しないか心配ですね。
いずれにしても、今後の国会審議に注目したいものです。

法案の詳細は次のURLをご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/187.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です