ブラック企業 相談窓口 開設

厚生労働省は、夜間や休日に電話で無料の『労働条件相談ほっとライン』を9月1日に開設するそうです。

主たる目的は、過酷な労働条件で若者らを使い捨てる『ブラック企業』対策ということで、本人のみならず家族や友人等誰でも利用できるようです。

ほっとラインの受付時間帯は、水曜日以外の平日が午後5時~10時、土日が午前10時~午後5時で、弁護士や社会保険労務士等労働問題に詳しい相談員が対応するとのことです。
設置期間は来年(平成27年)3月末までということです。

いわゆる『ブラック企業』と言われる会社に現役で勤めている若者たちにとって、都道府県労働局が開庁している平日の昼間にはなかなか相談窓口に電話ができないと思いますので、夜間や休日に相談ができることは非常に好ましいことと思います。

こういった政策が功を奏して使い捨てになる若者が一人でも減ることを期待したいところです。

  フリーダイヤル 0120-811-610
  受付時間帯は、平日(水曜日除く):午後5時~午後10時、土日:午前10時~午後5時
  (年末年始はお休みになるようです。)

 パンフレットはこちらから→http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000035v78-att/2r98520000035v8p_1_2_1.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です